なぜ自分が元町中華街のことをこれほどまでに愛しているのか分かりませんが、
自分は本当にあの街が大好きです。
少しだけ僕と元町中華街とのこれまでのことを話しておきたいと思います。

まず最初に自分があの街と出会ったのは神奈川県に進学して引越してきて、
しばらく経ってからでした。
正確な記憶はありませんが、おそらく20歳の夏ごろだったかと思います。
友人が横浜の街に熱狂しているときで色々と紹介してもらっていたのです。

最初は元町中華街の存在は知っているだけで、行ったことのない場所でした。
きっかけは友達にみなとみらいを案内してもらったときについでに元町まで足を伸ばしたことです。
最初は夜の元町でした。すごくきれいな街だなーと思ったのを覚えています。

しかしその頃は自分にとって革命と呼べるほどの出会いではありませんでした。
しかし確実に元町中華街の存在は自分の中に革命を今起こしています。

さらに月日は流れて、その後も何度かみなとみらいから港の見える丘公園まで歩いたりしていました。
多分何度目かにそんなことをやっていたときでしょう。元町中華街の入口に立ったときの景色が
ものすごく自分の心に突き刺さったのです!
それからというものあの街に何度も通うようになります。そして新しい発見を次々にします。
最後には済むとしたらココ!という家まで決めてしまったのです。

それが僕と元町中華街のこれまでです。そしてこれからも歴史を紡いでいきたいと思っているのです。
ネイル 学校

2013年9月10日

路地の向こうの世界の広がり

元町の非常に魅力的な点の一つに、路地を一つ入ったらまた、広い世界が広がっていそうに見えるところがあります。

商店街のメインストリートを歩きながら横を見やってみると、何やら不思議な空間が見え隠れしているのです。

続きを読む: 路地の向こうの世界の広がり

神は細部に宿る

元町中華街を見ていて思うことですが、ほんとに細かいディティールまで整っているということです。

神は細部に宿るといいますが、あの街は本当に細かいところまで美麗なのです。

続きを読む: 神は細部に宿る